映画『兄友』公式サイト 5/26 ミラきゅん♥全国順次ロードショー 完成披露 舞台挨拶

映画『兄友』完成披露上映会 舞台挨拶オフィシャルレポート

登壇者

『兄友』横浜流星はじめ、次世代を担うフレッシュな顔ぶれが勢ぞろい!

漫画家・赤瓦もどむによるコミックを実写映画化した『兄友』が、5月26日ついに劇場公開される。その直前となる9日には東京の新宿バルト9にて完成披露試写会が行われ、主演の横浜流星、共演の松風理咲、松岡広大、古川毅、小野花梨、中島良監督が舞台挨拶した。

イケメンなのに女性に超奥手な高校生・西野壮太役の横浜は、本作で映画単独初主演。「これまでやって来た中でも、自分とかけ離れている役柄だったので難しかった。でも原作ファンの期待には応えたかったし、世界観も壊したくはなかった。主人公ということで受けの芝居が多い中で、発信されるお芝居を素直に受けて素直に返すことを意識しました。コメディシーンもデフォルメすることを意識した」と演じる上での心構えを明かし「だから観てもらうことに嬉しさと恥ずかしさがある」と照れていた。

壮太が一目ぼれする七瀬雪紘の妹・まい役の松風が「西野さんはいい人だし優しい」と横浜が演じたキャラクターについて説明すると、すかさず横浜は「流星君も優しい?」とグイグイ。松風は「はい」と苦笑いも「もっと男らしさがあったら素敵な人だと思います。…西野さんが、という話です」と天然返答で笑いを誘った。また松風が「私自身、積極的に行けないタイプなので引っ張ってくれるような人がいい」と理想の男性像を明かすと、横浜は「通っている高校には西野君のような人がいないんだね?」と聞くも、松風からは「…いや、女子高なので」との反応で、そのやり取りに再び笑いがおこり、会場を沸かせた。

そんな2人の仲睦まじい様子に壮太の妹・秋役の小野は「横浜さんの質問攻めに理咲ちゃんが一生懸命に答えていて…。そんな姿を見せつけられて素敵な関係だなぁと思った」と舞台裏を振り返りながら「さっきも横浜さんが理咲ちゃんに『舞台挨拶で優しいって言って、お願いだよ』と言っていた。それに関してはどうかと思うけど」と暴露。それに松風が「答えにくいような質問をしてくる」と頷くと、当の横浜は「距離を近づけたくて、そこはあえてやっていました」と弁解で、小野は「その努力が感じられて感動しました」と冗舌に悪戯っぽく笑った。

壮太の友人・雪紘役の古川は映画初出演で「普段の音楽の現場とは環境も感覚も違った。これでもかというくらい初日に緊張して、3日くらいに感じました。そんな時に流星君が助けてくれて、貫禄あるアドバイスをくれた。凄く助かったし、初出演の映画がこの作品でよかった」と座長に感謝。それに横浜は「自分にとって初単独主演映画だし、ほぼ年長だったので、ちょっとでもアドバイスできればと。でも毅はだんだんと現場に慣れ始めて、アドリブを言ったり、間を作ったり。吸収力が早い!もう好きになりそう」と太鼓判だった。壮太の従弟・加賀樹役の松岡は「僕がクッキーを食べているシーンがあるけれど、凄い顔をしている。振り切ってやっています。ぜひ注目して」と見どころをアピールした。

イベント中盤では、本作で原作にはない映画オリジナルキャラクターとして話題になっている橘萩之介(福山潤)からのビデオレターが上映された。一人二役で繰り広げられる恋愛講座がファンの間でも話題になっているが、ビデオレターでは、付き合い始めた壮太(横浜流星)とまい(松風理咲)に恋愛講座応用編を披露。巧みな話術が会場を大いに楽しませていた。 映像終了後は、恋愛講座に引き続き、「恋人に下の名前で呼ばれたらキュンとする?」「恋人が作ってくれたものなら何でもキュンキュンする?」「何回目のデートでキスしようかと考えている恋人はあり?」という恋愛Q&Aコーナーを実施。「下の名前~」で古川が「純粋に嬉しい」とYESを選択する中で、横浜と松岡はNOを選択。「そういう関係性だからキュンキュンはしない」(松岡)、「同じく。嬉しいけれどキュンとはしない」(横浜)と返答すると、小野は「それは下の名前で呼ばれ慣れているから!呼び方をひねらなければ響かない鋼の心になったということ」と突っ込んでいた。

「作ってくれたもの~」では松風と小野がNO。「作ってくれるのは嬉しいけれど、そんなキュンキュンしない」(松風)、「何でもというのが引っかかる。気持ちが大事。作ったからあげる、それでいいのかという問題」(小野)。ヒートアップする女性陣に横浜も「辛辣…」とタジタジだった。また「キスしようか~」では横浜と古川がYES。松風、小野、松岡、中島監督がNOを選んだ。横浜は「それを考えてくれているということが可愛い。そして自分からいく!」と堂々宣言で、古川も「手慣れているよりも初々しさがいい」。それに否定派の松風は「男性にはどっしりと構えていてほしい。女の立場からいうと、男らしさがほしい」とそれぞれ白熱トークを繰り広げていた。

最後に主演の横浜は「少女漫画が原作ですが、壁ドン、顎クイもありません。ピュアで温かくて、登場人物みんなを愛せるような作品です。皆さんにも恋の行方を応援してもらって、胸キュンしてほしいです」と作品をPRした。